2011年05月02日

オフィシャルサイトは

先ほど復活しました。

メールも受け取れます。じゃんじゃん送って下さい。

契約しているドメインサービスが今日稼働していてくれて、本当によかった。


しかし、毎年の契約料の他、登録回復手数料として¥3,510を余分に支払う事になってしまった。
1日遅れただけなのになあ。

普段ケチケチするのは好きではないが、こういった無駄な出費は、たとえ15円でも悲しい。

…100%僕の責任ですけどね。くどいようだけれど。


ご迷惑、ご心配ををかけてしまった方、ごめんなさい。


posted by iMAGINATIONS at 11:50| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

オフィシャルサイトが


今現在、見られません。

メール受信もできません。

ドメイン更新を忘れていました。100%僕の責任です。がっくし!がっくし!
2回言ってしまいました。


先ほど更新手続きを行ったんですが、GW中という事で、少し時間がかかるかもしれません。

お急ぎメッセージはmixiかFacebookでお願いします。

お友達はケータイへお願いします。


以上、緊急業務連絡でした。

がっくし。
posted by iMAGINATIONS at 15:47| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

“minna no uta”ありがとう

23日、西麻布73でのイベント“minna no uta”を無事に開催することができました。


・第一部 ライブ 堀田義樹 from iMAGINATIONS
1. 日曜日
2. レター
3. 祝福の時
4. Green
5. サンシャイン・ラブ
6. 新世界紀行
7. 君に会って

サポートミュージシャン:motoi matsuda(keyboard)


・第二部 トークセッション
司会進行:釜谷道夫氏(Bar & Lounge 73)
佐藤容紹氏(相馬救援隊)
ゆいこうた氏(C=EN プロジェクト)


・第三部 カバーライブ
堀田義樹
1. 糸/中島みゆき
2. 年下の男の子/キャンディーズ
3. やさしさに包まれたなら/荒井由美
加藤哉子
4. 上を向いて歩こう/坂本九
平岡恵子
5. いつでも夢を/橋幸夫・吉永小百合
平岡恵子&加藤哉子
6. いっぽんでもにんじん/なぎら健壱
堀田義樹&平岡恵子&加藤哉子
7. Unite for Friends


機材トラブルのため開始時間が押してしまった事をお詫びいたします。早くから来て下さった方、お待たせしてしまって本当にごめんなさい!

-

被災地から離れている僕らは今、何ができるのだろう?

西麻布73のオーナーである釜谷氏との会話から、今回のイベントの企画が立ち上がりました。もともとこの日は73でのライブスケジュールが入っていたのですが、3.11以降、あらためて内容を考えようと、打ち合わせを重ねてきました。

日々の報道や、そこら中に溢れる情報とその錯綜。そしていつまでも続く余震(と呼ぶにはあまりにもでかい)。多くの方と同じように、僕もずっと心にもやもやとした固まりを抱えていました。正直なところ、今この時も抱えていなくはないのだけれど…。

それでも、歩けるならば自分のスピードで、行けるとこへ行きましょうと。出せる力があるならば出せる分で、できることをやりましょうと。同じ志を持つ仲間と、気持ちを持ちより、少しずつ少しずつ準備を進めてきました。


今回、釜谷さんからの縁で相馬救援隊の活動を知り、ぜひ、お話を伺いたいと思いました。イベント告知文にも書きましたが、被災された地域や人へ何か力になりたいが、どうすればいいのか分からないという人が多い中(僕もそのひとりです)、圧倒的なスピードと行動力で支援を形にしている団体があることに、まず驚き、そして勇気をもらいました。

当日の佐藤さんのお話は、実際に動いておられる方にしか出せない力強さ、そして分かりやすさがありました。重くなりがちなトークテーマだけに、企画段階から僕も釜谷さんもほんの少しの不安を持っていたのですが、時折ユーモアも交えながら、会場を前向きな空気で満たして下さったのは、佐藤さんの持つ信念、そしてあたたかいお人柄によるものだと思います。本当に素晴らしかった。

C=ENプロジェクト代表ゆいこうた氏も同様に、力強いお話を聞かせて下さいました。この日も被災地の銘酒がたくさんオーダーされたようです。よかった!


第三部は、大切な友であり、それ以上にシンガーとして尊敬している、大好きな平岡恵子、加藤哉子をゲストに迎え、「誰でも口ずさめる」カバーライブを。

震災後、いろいろな気づきがありました。自分にとって大事な人がもっと大事に感じられるようになったというのも、そのひとつでした。この日一緒にいてくれた人はもちろん、遠くにいる大事な人、家族、すべての縁を思いながら、中島みゆきさんの糸を最初に歌いました。


縦の糸はあなた
横の糸は私
織りなす布は
いつか誰かを
暖めうるかもしれない
いつか誰かの
傷をかばうかもしれない


そう、かもしれない。逆に、何もできないかもしれない。
それでも、会うべき糸に出会えること、そのものを仕合わせと感じながら、大切にしてゆこう。

そんなことを、あらためて感じることができた夜でした。

-

3時間以上の長丁場、お付き合い下さったすべての方と、開催に際しご協力下さったすべての方に心から感謝します。
本当にありがとうございました。

そして、この日も幾度となく話に出てきたように、継続することが大事なのだと思います。僕もできることを続けて行きます。また、一緒にできることを考えていきましょう。

もちろん楽しむ気持ちを忘れずに。この日も笑顔がいっぱいで元気出ました!

-

相馬救援隊
http://www.facebook.com/sohma.aid?sk=info

トークセッションの中でもお話がありましたが、佐藤さんがこの活動を始めたきっかけは、友人である福島県相馬市の相馬行胤氏(相馬家34代当主)を助けたい、どうしたら喜んでくれるだろう、という理由からだったそうです。

こちらもぜひご覧になっていただきたいです。
会場でも流した、相馬行胤氏のお話↓
http://www.youtube.com/watch?v=4_AcNwoyBkg


西麻布太陽会 C=ENプロジェクト
http://taiyohsai.com/C-EN/


平岡恵子
http://www.hiraokakeiko.net/


加藤哉子
http://yutakana.sakura.ne.jp/wp/index.php


motoi matsuda
http://www.myspace.com/motoi208


Blue Finger Records
http://bluefingerrecords.blogspot.com/
USTREAM生中継を担当して下さいました。感謝!

-

それと、トークセッションの中で、僕が宮城の友人から「現地で欲しい物のひとつ」と教えていただいた、と話していた商品。

マジックバルブLED電球
http://www.faminet.net/led/
posted by iMAGINATIONS at 03:18| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

いよいよ本日


23日(土)は、西麻布73にてライブイベント“minna no uta”開催です。
http://imaginations.seesaa.net/article/195527250.html

USTREAMでインターネット生中継も決まりました。
どうしても会場に来られない方はこちらを。リアルタイムでコメントもできるようです。
http://www.ustream.tv/channel/imaginations-live-at-73


ところで今夜この後NHKで、本家みんなのうたスペシャルがありますね。
http://cgi2.nhk.or.jp/minna/news/popup0407.html

今月上旬にもやっていたのか…。再放送してくれてよかった。

60〜00年まで年代別セレクトが楽しめるようです。
僕の血の一部は、子供の頃聴いたみんなのうたで出来てますからね。興奮するなあ。
録画して後日観よう。


それでは明日、元気でお目にかかりましょう!
posted by iMAGINATIONS at 00:25| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

名曲のカバーを今やる理由


それにしても揺れますね、毎日毎日。

さあ寝ようと思って横になると揺れるんですよ、毎度毎度。

横になる→揺れる。
これは俺のせいなのか?
背中、または尻になにか理由が?

心が揺らぎそうです。

-

3.11の後、Unite for Friendsの制作と並行して、カバー曲をYouTubeにアップしていました。それについてはメールマガジンとTwitterで告知していただけだったんですが、自分なりに強い気持ちがありました。

口ずさめる歌を。

それが、僕の大切にしたルールでした。
単なるヒット曲の枠を超えた、エネルギーを持った曲であること。

多くの人の心に残っている曲には理由があるのだと思います。

そして、それを自分だけではなく、誰かと共有できていると感じた時。自分の中の大切な思い出がふわっと開けるような感覚が生まれます。


自分のライブでは、

さあ、みんな一緒に〜。SAY!

は、おろか、

クラップユアハ〜ンズ!

さえ、やらない(できない?)僕ですが、

この不安定な時、多くの人が一緒に口ずさめる曲を、どうかどうか思い出してほしいと願っていました。

なにより僕も、口ずさみたかった。

歌うとなぜだか元気になれたから。

一緒だったらなおさらだい。


ライブなどもあり、3曲以降しばらくYouTubeを開けずにいたのですが、さっき見たら、最初にアップした「やさしさに包まれたなら」は700回以上も再生されていました。びっくり。
たくさんの人からの、嬉しくなるメッセージもいただいています。同じ気持ちでいてくれた人がこんなにも…、と感動しています。

ありがとう!

http://www.youtube.com/user/iMAGINATIONSofficial

また録音します。また一緒に口ずさみましょう。

23日のライブでも、同じ気持ちでカバーやります。
posted by iMAGINATIONS at 01:55| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

gee-geありがとう


演奏曲目:
1. ハルモニア
2. レター
3. Green
4. 白いパラソル(カバー/松田聖子)
5. 初恋(カバー/村下孝蔵)
6. 新世界紀行
7. 君に会って
8. Unite for Friends(with 平岡恵子、名越由貴夫、永田“zelly”健志)

サポートミュージシャン:
池田健司(Guitar)

世の中全体が自粛ムードの中、gee-geの営業含めイベント自体どうなるか分からない状態でしたが、無事に開催されたことに、まず感謝の気持ちでいっぱいです。


3月11日以降、自分もやはり不安の中に居ました。また、身近で被災された方のことを思うと、どういう気持ちで音楽や歌に向かえばいいのか、正直ぜんぜんまとまらずにいました。

それでも、普通に日常を過ごすことを心がけ、自分のできることをしっかりやろうと。まとまらないなら、まとまらないなりで、それでいいじゃないかと。そうやって、なんとか気持ちを切り替えるよう努めていました。


この日来て下さった方々も、きっと同じだったんですよね。ステージから客席、それぞれの顔を見ながら、本当にそのことを感じました。いろいろ背負ってがんばってるな、戦ってるな、すごいなあ…。すごいぞ!

今日会えてよかった!!

と、心底思いました。

正直なところ、この日のことはうまく言葉にできないのです。6日も経ってしまったというのに。

ただ、こういう時にこそ音楽は必要だと思いました。


ライブは急遽Ustream生中継となりました。UFFの発起人でありリーダー、Blue Finger Recordsの阪谷氏が指揮を取ってくれました。決まったのが前日でインフォーメーションがTwitterだけになってしまったんですが、またやりたいと思います。見て下さった方、ありがとうございました。

大変な中、足を運んで下さった方、本当にありがとうございました。出演者、スタッフのみなさん、おつかれさまでした。

僕らの日常を続けましょう。
posted by iMAGINATIONS at 13:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

31日、追記


今月31日。もう明後日ですね。
予定通り開催が決まりました渋谷gee-geでのイベントに、盟友・平岡恵子がゲスト出演してくれることになりました。

痛みも笑い声も分け合ってきた、本物の、モノホンの仲間です。

ありがたい、心強い。

元気が出てきたよ。


平岡恵子 web:
http://www.hiraokakeiko.net/

イベント詳細:
http://imaginations.seesaa.net/article/188522545.html
posted by iMAGINATIONS at 22:03| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

31日、予定通りやります

僕なりにいろいろ考えるところはありましたが、
今月31日、渋谷gee-geでのライブは予定通り行います。
この時期にライブが入っていたのにも、何か意味があるのだと思います。

次いつ会えるか分からない。
大げさでもなく、そういう所に立たされている僕らです。
この機会を大切に、大切に、歌わさせていただきます。

できることを、できるときに。
3月11日以降ずっとそう思っています。

当日、お会いしましょう。
笑顔でね。会いたいです。


イベント詳細:
http://imaginations.seesaa.net/article/188522545.html
posted by iMAGINATIONS at 23:46| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

110316

テレビを少し見た。

すぐ消した。


日本中がピリピリしてる。

そんな中で真剣に生きようとしている人もいる。

そんな中でイライラを伝染させようとする人もいる。

笑おうとする人も、泣いている人もいる。

批判ばかりしている人もいる。

いろいろな人がいる。

みんなそれぞれひとつの魂を持っている。

みんな神様からもらった命を生きてる。

誰かを変えようとするなんてできない。

誰でも変えられることを嫌がるように。

みんな同じだから。

みんな自分が正しいと思って生きてる。

でも、

愛を持って行動している人がいる。

自分を忘れて、誰かの、何かのために

がんばってる人がいる。

僕はそういう人からにじみでるような

輝きを信じている。

ありがとう。

僕もそういう人の仲間でありたい。

あなたの仲間でありたい。
posted by iMAGINATIONS at 19:41| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

無事です。

メールなど下さった方へ。
気にかけていただいて心から感謝です。ありがとうございます。
取り急ぎ、僕は無事でおります。

今日は自宅で仕事をしていて、だんだん揺れが強くなるのを感じ、ただごとではないと外に出ました。
近所の人たちも皆、同じように飛び出してきました。
街全体が揺れているのを初めて見ました。

そこから停電になり、僕の自宅がある地域(川崎市宮前区)は先ほど復活しました。
その間は電池式のラジオで情報を入手していました。こんな時、ラジオは本当に頼りになりました。
情報はもちろんのこと、勇気づけてくれるナビゲーターの方で、救われました。TBSラジオでした。
キャンプ用のライト、携帯カイロも役に立ちました。

まだ避難されている方も多いと思います。
震源地近くの方は特に深刻な状態だと思います。
無事を心からお祈りいたします。


情報が錯綜しているようです。
Twitterなど凄いスピードで書き込みがされていますが、不安を煽るような書き込みは避けて下さい。
目の前の事で必死な方がいます。今必要な、正しい情報が見つけにくくなってしまいます。
こんな時です。お互いに、思いやり、助け合いの心で。お願いします。

posted by iMAGINATIONS at 01:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

新世界紀行

先日14日のライブ映像をYouTubeにアップしていただきました。ぜひ見てみて下さいね。





iPhoneで撮ってくれていたんですね。こんなにきれいにできるものなんだねえ。
今までほとんど映像を記録していなかったのですが、今後はオフィシャルでも考えてみようと思います。

mico様、ありがとう!
posted by iMAGINATIONS at 22:42| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

14日photo

2月14日、Yoshida Pasta Barでの写真です。

ub_110217.jpg

気持ちよく唄っています。
顔だけ見ると風呂にでも入っているようです。


ub_110217_2.jpg

終演後の青山は雪景色。
帰り道、国道246号で事故を3件目撃するとは知らずにはしゃいでいます。



photo by mico
posted by iMAGINATIONS at 23:51| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

Yoshida Pasta Barありがとう


昨日2月14日、青山 Casa Yoshida Pasta Bar 2周年のお祝い企画で唄わさせていただきました。


演奏曲目:
1. さよならイエスタデイ
2. 祝福の時
3. Green
4. ハルモニア
5. Sing My Song
6. 新世界紀行
7. レター
8. 君に会って
9. 忘れてしまえば(Splash Ver)

サポートミュージシャン:
池田健司(Guitar)


雨が夕方過ぎに〜♪
雪へと変わりましたね。

今までしつこいくらいに言い続けているとおり、僕のライブの日は雨が降ったことがありません(たぶん)。
昨日は雨ではなく、あくまでも雪だったので、これからも引き続き言い続けたいと思います。

ジョークはさておき、さすがにあの雪の量、電車も道路も大変な状況だったようです。実際にその理由で来られなくなってしまった方々も多かったらしく…。そんな中、足を運んで下さった方には感謝でいっぱいです。


演奏中、本当に気持ちがよかった。今年に入ってまたひとつ唄と音に対する発見があって、それでまた楽しくなっているんです。入れば入るほど奥が深くなること、ずっと探求して行ける大切なものと共に生きていること、僕は神様に感謝しています。発見は続けていることへのご褒美のようで、ありがたく受け取ることで、また一歩踏み出す力になるのです。

続けるといえば、昨日は他にも素敵なことがありました。SUPER SOUL SONICSの頃の熱心なファンの方が、Twitterで僕を発見してくれて、10年ぶりくらい?に唄を聴きに来てくれたんですね。とってもかわいい娘さんも一緒でした。
自分から過去を振り返ることはもうほとんど無いのですが、彼女といろいろ話もできて、久しぶりに当時を懐かしく思い出しました。一歩一歩、今日まで歩んで来たからこそ、こんな嬉しい再会もある。簡単な言葉にできないくらい、本当に嬉しいことでした。

Yoshida Pasta Bar吉田さん、大澤くんはじめ、スタッフのみなさん、この場を与えて下さってありがとうございました。また、ぜひご一緒させて下さい。そして繰り返しになりますが、大雪の中、足を運んで下さった方へ、最大級のありがとう!

写真は後日アップ予定です。

-

次のライブが3月31日に渋谷gee-geで決まりました。詳細は近日のうちにお知らせしますね。
posted by iMAGINATIONS at 20:37| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

新年会

先週土曜日、Taro Acidaくん(Dub Squad)オーガナイスのパーティー『FLAT!』新年会にお呼ばれして、三軒茶屋BRAVOでちょっとだけ唄ってきました。

ub_110123.JPG

自分のライブではお酒飲んで唄うということがまずありえないので、新鮮というか、若干フラフラだったんですけど・・。まぁ、たまにはね。

ほぼ同世代の身内の集いということもあり、80〜90年代のカバーで楽しんでもらおうと、こんな選曲。

1. BABY BLUE/FISHMANS
2. カルアミルク/岡村靖幸
3. そして僕は途方に暮れる/大沢誉志幸
4. バラとワイン/RED WARRIORS

全曲、一発で心にドーンとくるフレーズがあるんですよね。またシラフでも唄おうと思います。

Taroくん、BRAVOスタッフ、この日集まった大好きな仲間たち。ありがとうございました!


三軒茶屋 夕食屋BRAVO
http://www.kitchen-bravo.com/
posted by iMAGINATIONS at 18:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

新年あけましておめでとうございます。

年末年始は本当に気持ちのよい天気が続いて最高でした。
大晦日は太郎くん宅にて石狩鍋をプロデュース。今年も北海道から仕入れた鮭を、日頃お世話になっている皆の胃袋にプレゼント。締めは雑炊にイクラを乗せて。大好評でした。喜んでもらえるのが何よりうれしい。

年明けは高野くん宅で新年会。久しぶりの方々に会ったりできて楽しかった。そして宴も酣の頃、リクエストに応え思いがけない唄い初めとなりました。

その後は信州・白馬村へ向かいスノーボード。友人の縁で、築年数なななんと90年越えの民宿に宿泊させていただきました。大正生まれの主がなんともあたたかいお話をたくさん聞かせて下さって、いろりを囲んでのひとときは本当に穏やかなものでした。

ub_110106_2.jpg

いろりでおもちを焼いてくれました。


>ub_110106_1.jpg

白馬のゲレンデから望む青木湖。気持ちE。


リフレッシュしすぎて、帰宅してからも心のギアはニュートラルのまま。のんびりゆるやかに、加速していこうと思います。

今年もどうぞよろしくお願いします。お互いよい一年になりますように!

posted by iMAGINATIONS at 21:40| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

10→11

快晴の大晦日。ここ数日、気温こそ低いですが気持ちのよい青空が続いていますね。

生まれてから札幌で過ごした年数と、上京して来てから過ごした年数と、2010年はそのふたつが同じ長さになりました。過ぎてみれば本当に早い。偶然なのか、古い友人や、以前活動していたバンドのファンの方からメールなど頂く機会がもの凄く多い年でありました。

こうして今年も歌、音楽と共に生きてこられた事に感謝です。

いつも支えてくれる家族、仲間たち、仕事で関わる方々、応援して下さっている方々。今年一年も本当にありがとうございました。おかげさまで僕は今日も元気です。いつだってもらってばかりの僕ですが、自分らしいお返しができるように、来年も心を込めて成すべき事を成して行きます。

2011年、また元気で会える事を楽しみにしていますね。

よいお年を!
posted by iMAGINATIONS at 14:20| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

Photo in CCO

12日の写真をいただいたのでUP。

101217_ub.jpg

母親が見たらきっとこう言うでしょう。「髪を切りなさい」


101217_ub2.jpg

健司くんと。しっとり演奏しているように見えますが、意外と(?)盛り上がっています。


micoちゃん、ユミちゃん、ありがとう!
posted by iMAGINATIONS at 17:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

CCOありがとう

昨日は2010年最後となるアコースティックライブでした。朝から素晴らしい晴天で、太陽のエネルギーをしっかり受け取った後の、気持ちよいステージになりました。サポートの健司くんもキラキラのギターで支えてくれました。会う度に息が合ってきます。感謝。


演奏曲目:
1. 日曜日
2. サンシャイン・ラブ
3. Green
4. Sing my song(新曲)
5. Silent Night(きよしこの夜)〜 フリースタイル
6. 新世界紀行
7. 君に会って

サポートミュージシャン:
池田健司(Guitar)


新曲“Sing my song”はとてもシンプルな曲なのですが、本当の気持ちがたくさんたくさん込められています。完成したときは自分でもホロリと来ちゃって。

自分の心の奥の深い部分に触れるのは、手を入れるに時すごく痛いです。でも怖れずにそこを通過すれば、そしてそのかたまりを注意深く取り出してあげれば、つかえが取れたような、胸が開かれるような気持ちがやってきます。自分のドアはやっぱり歌であって、こうして曲にすることは自分に対するセラピーでもあるように思うのです。
レコーディングのアイディアがしっかりあるので、近いうちに形にしたいです。

たまにはシーズンを考慮した曲をと、誰もが知っている“Silent Night(きよしこの夜)”を唄いました。途中からはすっかり恒例となった(?)フリースタイルを挟み込んで。即興は頭を真っ白にしておかないと降りてこないので、自分でも思いがけないフレーズが飛び出して来て、かなりの緊張感はありますが実に楽しいです。今回も内容は来場者だけのお楽しみということで、というかほとんど覚えていないんだけどね・・・。録音するのもまた忘れてしまったんだな。いつも記録しておこうと思うものの、一人でやっているといろいろ行き届かないなあ。写真、撮った人いたら送って下さいね。

客席いっぱいの笑顔の中、よい形で2010年の唄い納めができたと思います。最初から最後まで最高に気持ちよかった。来て下さった方、CCOスタッフ、hbこと高橋さん、本当にありがとうございました!
posted by iMAGINATIONS at 19:23| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

明日は下北沢CCO

師走です。10月からサンタルックを着せられ少し照れくさそうだった近所のカーネル・サンダースも、ホッとひと安心のこのごろ。

2010年の締めくくりとなるアコースティックライブがいよいよ明日に迫りました。世界の平和は、まず自分と周りの平和から。下北沢の中心(のはじっこ)で愛と平和をうたいます。イベントスタートが20時、iMAGINATIONSの出番が21時からと比較的遅めなので、忘年会の帰りに上司を誘ってみたりとかね。

-

それにしても最近はブログの更新があまりにもな感じですね。我ながら・・。
Twitterを始めると長文が書きにくくなるともっぱらの評判ですが、いつのまにか僕もその中のひとりになってしまっていました。書きたいことはあるし、お知らせもあるし、ライブ終わったらどどんとUPしたいと思います。まずは明日、新曲も用意して下北沢で待ってます。新曲、すごくいいです。
posted by iMAGINATIONS at 16:08| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

せつない気持ち

今、書店に並んでいる雑誌BRUTUS。表紙がフランダースの犬、特集が『せつない気持ち』。即買いしました。ご存知の方も多いと思いますが、僕はせつなさが大好物。たまに「そのために生きてるんじゃないのか」と思うほど、せつなさを感じたときの不思議な感覚が好きです。

特集の中では誰も挙げていない作品でパッと思い浮かんだのは、映画『哀しい気分でジョーク』かな。ビートたけし主演の、お笑い芸人と余命いくばくもない幼い息子の話なんですが、対比がたまらない訳ですよ。息子の事を心配しながら、仕事でしょうもないかぶり物をつけたりしてね・・。公開当時の僕は小学生か中学生か、まだたけしが映画監督を始める前の作品だったと思います。その時よりも何年か後、深夜に放送しているのを見てオイオイ泣けて。少し大人になって理解できた部分もあって。
そもそも笑いってせつないものですよね。はかないというかね。昔から大変な時代に喜劇が流行したりするのは、きっとひと時でも心に灯りが欲しいという心理状態からだもんね。今の日本のお笑いブームみたいなものも、時代と無関係じゃないと思うもんなあ。

あとは、マンガ『ブラック・ジャック』のピノコの存在。想いを寄せているブラック・ジャックからは娘、あるいは助手として扱われ、自分自身はレレイ(レディー)のつもりでも、三頭身の身体から成長することは一生できないという。この心模様を繊細に描いたエピソードもいくつかあるんですけど、いや〜せつないですよね奥さん!(誰?)アッチョンブリケ、なんて、強がりをこれまた笑いに変えてね。手塚治虫もせつない作品が多い気がしますね。

巻頭にあった内田樹氏のインタビューにとても共感し、興味深く読んでいました。彼は幼い頃から少女マンガが好きで、女の子と遊んでいることが多かったといいます。僕も上に姉妹が3人続いた後の末っ子で、そのせいか昔から女の子と一緒にいるほうが楽でした。姉が集めていた少女マンガもよく読んでいて、キャンディ・キャンディなんて大好きだった。内田氏言うところの「男性型せつない」「女性型せつない」の分類では、僕は完全に後者ですね。スポ根や忠臣蔵より、届きそうで届かない、みたいなね。

-

12月半ばに、2010年最後となりそうなライブが決まりそう。そうそうばかりですが、決まったらすぐにお知らせしますね。

-

せつない曲。秋っぽいセレクト。
上のリンクで直接聴けます。下は収録アルバム。

The Blower's Daughter/Damien Rice


damien3_.jpg O/Damien Rice

-

Hide and Seek/Imogen Heap



imogen2_.jpg Speak for Yourself/Imogen Heap

-

Sadsong/Fredo Viola


fledo2_.jpg The Turn/Fredo Viola

-

Breath Me/Sia


sia2_.jpg Colour the Small One/Sia

-

2 birds/Mugison


mugison2_.jpg Mugimama Is This Monkey Music/Mugison

posted by iMAGINATIONS at 02:45| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。