2008年04月09日

雨と風

今日の関東は凄かったですね。いろんな色の傘がいろんな形になっていろんな所に落ちてた。

ゴウゴウという音が窓を揺らす一日。でもこういう天気、昔から嫌いではない。

激しい雨が、風が、
この薄汚れた世界を洗い流してくれるのさ

中2くらいのときこんな詩を(本気で)書いていたっけ。
はじめて一人暮らしする時にそのノートを見つけて真っ赤っかになった。誰かに見られていないかと後ろを振り返ったくらい。
唯一の救いは「くれるのさ」の「さ」がカタカナじゃなかったことか。

ふしぎなもので、一回りして今だと逆に、純粋でいい少年の詩だと思える。
なにしろ本気だからね!

成長ってなんなのだろう。

雨止んだね。



posted by iMAGINATIONS at 01:21| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そしていつの日か、その詩にすてきなメロディーが…(?)
Posted by enne at 2008年04月10日 00:28
むかしの自分とまた会えて何かがシンクロするのでしょうね。むかしの自分って自分であって自分とちがくて、でも自分で、みたいな感覚。

昨年「タントラサウンドパーティ」ではじめて歌をききました。帰って来てCDを買いにいきました。
先週cooくんの結婚式が北海道神宮であり2次会は定山渓温泉「ホテル鹿の湯」で浴衣にて。(shihoちゃんももちろん参加)
いい結婚式でした☆

Posted by sano miki at 2008年04月14日 00:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。