2008年01月04日

迎春

あけましておめでとうございます。

年末は珍しく大風邪にやられていました。
喉鼻熱の三連打。あまりにひどいのでびっくりしたけれど、インフルエンザじゃなくて良かった。年に一度こういう風邪がやってくる。厄落とし厄落とし。

年明けは自宅近くの神社に詣でてからぶらり戸隠へ。
晴天に雪景色。きりりと引き締まった気持のよい空気の中、ゆったりと新年を祝いました。

一説にはおみくじのルーツとも言われる戸隠神社。年齢を告げると、神職さんが裏へ行き祝詞を唱え、神様に「こういう方がお越しになっていますがどのような御神籤がよいでしょう」とお願いしてくれる。その後引いた一本に書かれた番号のおみくじがこちらに手渡される。
大吉でした。訊きたい事が書いてあった。

二日は中社で歳旦祭・講社祭という祭りを見る事ができたのだけれど、大昔から脈々と受け継がれている神聖な儀式に心が洗われるようだった。戸隠に来ると、日本って本当にいい国なんだなぁと思う。歴史を知る事で見えてくる未来もある。こういう文化は守って行かなくてはいけない。日本人として。

ub_080104.jpg

さて、そんな日本で歌う自分は何を唄えばよいのか。

2∞8

今年もよろしくお願いします。




posted by iMAGINATIONS at 23:37| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
風邪が年を越さずに治って良かったですね♪
今年も自然の感じられる唄が聞きたいな、
と思います!
Posted by 宮登 at 2008年01月05日 21:44
あけおめ・ことよろデス(笑)。
義樹さんはすっかり戸隠好きになったみたいですね☆私も一度は行ってみたいなぁ。「戸隠」っていう地名が何だか神秘的ですよね。
年末の大風邪、大変でしたね(>w<)厄落としもしたし、2008年は元気に過ごせそうですね♪♪
Posted by tomoe at 2008年01月06日 21:53
義樹さんへ

2∞8 おめでとうございます!
風邪はやってますね。
私の仕事場でも誰かしらが風邪ひいていて
なかなか喉がスッキリしません。

戸隠には行ったことがありませんが、
地名もさることながら、写真からも
神聖といいますか、神秘的な感じを
受けました。
研ぎ澄まされた感性が生まれそうですね!

義樹さんのますますのご活躍を願います!
Posted by ららぁ。 at 2008年01月12日 03:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。