2007年08月15日

1945


10年前
20年前
30年前
自分が何をしていたか思い出せる。
40年前はまだ生まれてないけれど
それでも60年前なんて
そんなに昔の話じゃないよね。
僕らの住んでるこの町にも
戦争があったことを
忘れてはいけないと思います。
死にたくないのに死んだ人
殺したくないのに殺した人
でっかい渦に巻き込まれた
たくさんの人たちの無念を
忘れてはいけないと思います。
二度と愚かな過ちが繰り返されませんように。

今日は終戦の日。



posted by iMAGINATIONS at 23:41| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
憲法9条改正の討論を少し見ました。
世の中常識は変わっても、
人の命、痛み、道徳は不変。

終戦の日が、いつまでも終戦の日でありますように。
Posted by enne at 2007年08月16日 00:57
昨日は灯篭流しをしました。
川の近くの神社に戦死された方の碑があり、毎年参拝させていただいてます。
碑に刻まれている言葉を読むと、戦争が作り出した悲しい現実に胸が痛みます。

終戦の日。
人々が手を合わせて祈る姿を見て、
平和。。。
その言葉の重さを改めて感じました。

Posted by じゅん at 2007年08月16日 12:00
まわりに戦争体験者のないまま育ち、
20年近く前に祖母が亡くなった時に、
大伯父が若くして戦死した事を知りました。
セピア色の軍服の写真を嫁ぎ先の仏壇に仕舞い込んでいた祖母の気持ちは聞けないまま。

義樹さんのブログを読んで、
写真でしか知らない大伯父を思い出しました。
すっかり忘れていて申し訳ない気持ちになりました。

平均寿命より短い年月の間に、
沢山の命が犠牲になり今の平和がある。
心にしっかり刻まないといけませんね。
Posted by terra at 2007年08月17日 02:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。