2007年08月02日

阿久悠さん

さっきの日記を書き終えた後、作詞家・阿久悠さんの訃報をニュースで知る。

日本歌謡史を語る上で決して欠かすことのできない大巨人。自分が「作詞家」として名前を覚えた最初の人。歌謡曲に夢中だった頃、好きな曲のクレジットにはかなりの確率でその名があった。
また会う日まで/尾崎紀世彦 のようなスタンダードから、ピンクレディーや山本リンダの一連の作品のような、当時としてはかなりアヴァンギャルドなものまで(いま見てもそうとう凄い)。またフィンガー5や沢田研二などで聴くことのできる、洋楽的メロディー、アレンジにおける無理のない日本語詞。明らかに時代のドアを開いたパイオニアだ。
阿久悠さんがいなければ、邦楽は現在のような進化を遂げられなかったはず。もちろん自分も多大な影響を受けている。ご冥福をお祈りすると共に、ありがとうございましたと言いたいです。


阿久悠さんオフィシャルサイトで作品データベース(の一部)を見ることができます。宝石のような言葉の数々にもう一度触れてみてはいかがでしょう。



posted by iMAGINATIONS at 03:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。