2007年04月04日

過去の記事について

2006年9月27日に書いた文章に誤りがあると指摘をいただきました。
http://imaginations.seesaa.net/article/24529542.html
コメント
http://imaginations.seesaa.net/article/24529542.html#comment

見ず知らずの方ですがご親切にありがとうございます。

ダライ・ラマ法王の日本代表事務所webにもアナウンスがありました。
http://www.tibethouse.jp/home.html





この「生き方インストラクション」と呼ばれる文章は、英語版もありいくつかの国で確認されているとのこと。誰がどんな目的で書いたのかはおそらく分からないでしょう。

でも俺、むかついたりとかそういう感情は一切ないんだよ。

いろんな意見があると思うんですよ。
ただ俺は「へーそんな事もあるんだね」くらい。


ちょっと個人的な話を。

あの日書いたように、これは俺の大切な友人が教えてくれた。もちろんチェーンメールとしてではないよ。
読んで、俺は、とても元気をもらった。

これをブログに書いた頃その友人はとても弱っていた。
心に大きな病気を持っている人で
外部とのコミュニケーションが取れなくなっていた。
俺にできる事といえば
放っておいてあげることだけ。
己の無力を思い知る。
電話もメールも、気を使わせてしまうことが解ってたから
それで、俺なりにメッセージを伝えたくて
読んでるかどうかは実は問題じゃなくて
彼女は他にもいろんな大切な事教えてくれて
本当に感謝していて
なんか、他にできることを考えたとき
俺が彼女から受けた親切の一部を他の人に還元したい
そんな
そんな思いがありました。
祈るような気持ちと。

そんなことでした。





批判を承知で言わしてもらえば
確かに人の名を語るのは褒められたことじゃないが
これ、誰が書いたとしても俺には伝わったよ。

このメッセージのシロクロを論ずる関連サイトを見ると、
(注:前述の通りクロは確定のようですが)
H.J.ブラウンという人の文章にもよく似てると指摘があり、

 「いい言葉だからいいじゃないか、という人は
  ダライ・ラマ法王、ブラウン氏に失礼」

というようなコメントが。
もっともだけど、それはカタられた本人の言うことだぁな。

だって
こういうこと現世には起こりえるもの。
古今東西、同じようなことあったはずだもの。
それくらいのイマジネーションと寛大な心を
ダライ・ラマの言葉(本物)から教わったよ。
俺は仏教徒ではないけれど
そんな俺にも理解できるから。



とはいえ
結果的に俺もガセの片棒を担いでしまったことになるのなら
この場を借りてお詫びします。
ごめんなさい。

もしや真実を見極める目を持つための修行かもね。
あ、エイプリールフールにばらまかれたのかも!
ちくしょー、
今年ウソつくの忘れた!!

宇宙は謎だらけ。俺に悟りはまだまだ開けないが
このテキスト書いた人を赦すことでひとつ徳を積むか。


以上、お詫びと訂正と小話でした。




posted by iMAGINATIONS at 01:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。