2013年01月17日

心を言葉に


宮城県在住で、10年以上に渡り僕の活動を応援してくれているWさんからメールが届きました。

Wさんの同僚の方の息子さんが、全国高等学校体育連盟『甦れ日本!高校生アスリート作文コンテスト』で文部科学大臣賞(最優秀賞)を受賞。作文が連盟のホームページに掲載されているので、ぜひ読んでほしい、と。

タイトルは『夢へのキックオフ』
女手ひとつで自分と姉を育ててくれた母親との絆。
そして震災を機に、自分の夢が母親と共に存在する夢であることに気づかされたこと。
心からの、真っすぐな言葉が綴られていました。



何度も読み返して、何度も胸が熱くなりました。
これは読めばきっと分かってもらえると思います。
ここからの説明は、僕にはとてもできない。

ひとりでも多くの人に、少なくとも僕のまわりの人には読んでほしい。
Wさんからお母様へお話ししてもらい、承諾をいただいてここに紹介します。

http://www.zen-koutairen.com/pdf/writing_h24_satou_s.pdf



一昨年、3.11。
Wさん自身も被災地にいて、本当に本当に大変だったと思うんです。
そんな状況の中でも、僕へ前向きなメールを何度も送ってくれました。
逆にこっちが力をもらったりして…。

いや、大変「だった」じゃないですよね。
今でもまだまだなことがたくさんあるんですよね。

あれからもうすぐ二年。
忘れてはいけないし、自分のできることをやっていきたい。
あらためて、そう気づかせてくれた、素晴らしく力強い文章です。




posted by iMAGINATIONS at 09:46| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
作文拝見しました。

今回の震災をきっかけに、桃柿育英会と言う遺児を支援している団体に寄付を始めました。
子供たちが希望通りの進路に進めるよう、祈っています。

そして、彼がサッカー選手になる日を待っています!
作文紹介してくれて、ありがとうございました!
Posted by ユエ at 2013年01月22日 18:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。