2006年07月01日

縁・円・えん

久々の自主企画 echolatch@Grapefruit Moon。
trico!と松崎ナオ。一緒にステージ立ちたかった。みんなにも見てほしかった。不思議な縁でつながって、やっと円になった。素晴らしい夜だった。それぞれを見に来たお客さんも、帰らずに俺の歌を聴いてくれたよ。最高だ。少しでも何か感じてくれたなら嬉しいな。

サポートの大澤とイロン。もの凄い集中力で曲の世界を彩ってくれた。2人ともおもしろい縁でつながってる。企画にてんてこまいで(というほど大した事はできんかったが)アップアップの俺を、音楽以外でもサポートしてくれた。2人の心と才能に大感謝。

本来俺は発想の人間で、まとめたり、仕切ったリが得意ではない。もっと言えば、人間関係もあまり得意な方ではない。そんな俺でも何とか形にできたのは、周りのでかい助けのおかげだ。素晴らしい出会いがあって何とかやれているんだ。それは昨夜に限らず、全てにおいて。

斉藤和義さんの「好きな人の手」を歌わせてもらった。MCでも話したようにこれは冬の曲であろう。でも、東京に住んでれば前触れなく心の冬は現れるよ。夏でも凍えそうになることがあるよ。だから歌いたくなったよ。だからこそ、その中で感じられる暖かさに触れた瞬間がいとおしくて。
ある人が言った。「この世は闇である」と。だからこそ、光の存在に感謝できるよ。昨日より今日。今日より明日。その針の穴ほどの光の円周が僅かでも、ほんの僅かでも伸びてくれればと、そう願って生きている。


演奏曲目

1、ONE
2、宇宙
3、小さな世界
4、星座
5、君に会って
6、好きな人の手(斉藤和義)
7、忘れてしまえば
8、果実
9、circle of heaven
10、ピクチャーズ(アンコール)


4月から連続でやって来たアコースティックセットも一段落。それにふさわしいステージでした。最高気持ちよかった。今日からまた次の展開に向けて仕込んで行きます。echolatchの第2段も、もちろん考えますよ。経過はUTAU-BLOGにて随時。


松崎ナオ
http://www.popstar.jp/nao_info.html

trico!
http://www.tricolife.com/

大澤拓也
http://red.ap.teacup.com/takblues/

チャン・イロン
http://www.ileun.jp/


0630.jpg

「逆光にすら気づかない酔っぱらい3人」


posted by iMAGINATIONS at 21:36| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
覚めないで欲しい夢のような楽しく素敵な時間を過ごせて嬉しかったです!何度か聴いて馴染み始めたあの曲この曲が、ちょっとアップテンポになっていたり ほんわかしていたり…全部違った印象を受けました。音楽って生きているんだなぁ…と実感しました。何だかいつも以上にそう感じました。それから、trico!さんの音楽にも惹かれました(^-^)絵本の中にいるような気分でした。義樹さんの縁パワーに感謝です!笑
Posted by 晃子 at 2006年07月02日 01:14
なんとも豪華な宴でありました。

”もしわたしが義樹さんと出会うことができていなかったら。。。?”
という仮想には、もはや遡り切れないほど、今のわたしは大きな大きな縁の円の中に居させていただいております。

「闇である」というのは「光もある」ということなのですよね。
全てが闇であれば「闇」という区別すらなく。

さて、いよいよ簡易型光再生盤が我が家にも!?
楽しみにしております。
たくさんの光に感謝の気持ちは尽きません。
Posted by enne at 2006年07月02日 03:00
すごーい、写真が載ってますね!かっこいい3人!あとチョイ明るいと更にいいのにっ。

ステージでも、かなりかっこよかったです!息の合った3人の音色が義樹さんの歌声を彩っていて、とても魅力的でした。
私的には聴いていて、体が音にあわせてリズムをとって、動いてしまう感じでした。

trico!さんやナオさん、初めてでしたが、いい感じ
で、一日にいろんな いい音を聴く事ができて
なんかお得だなぁ、なんて思いました。義樹さん企画大成功ですね!!

Posted by ゆうき at 2006年07月02日 04:02
義樹さんの歌が好きなんだ。
それだけ。
ただそれだけなんだ。
それだけじゃダメかな。

歌によって自然と人の輪が広がって行く。
自身が引き寄せているんだよ。
それはかけがえのない大切な、素敵な出来事。

東京にいても、
きっと、
どこにいても同じ。

同じだから…。
だから悲しまないで。
ひとりじゃないから。

これから先も、いつまでも、笑顔であったかい、そのままの心で、ずっと歌い続けてほしい、そう想っています。

某レコ―ド店CDカスタマ―レビュ―を読む。『彼らはどうしているのだろうか、今の音楽を聴きたい』とさがしている人がいます。
伝わっている。光の円周は確実に伸びはじめているのではないだろうか。


7月に入りました。梅雨が明けると暑い夏がきますよー。今年の夏は特に楽しい!想い出に残る!夏にしよう〜♪〜

追伸:アコースティックライブ企画→実行→成功→最高に終わって本当によかったですね。お疲れ様でした。ゆっくりやすんで、新たなる作品に取り組んでください。待っています。
Posted by 美由紀 at 2006年07月03日 04:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。