2011年02月15日

Yoshida Pasta Barありがとう


昨日2月14日、青山 Casa Yoshida Pasta Bar 2周年のお祝い企画で唄わさせていただきました。


演奏曲目:
1. さよならイエスタデイ
2. 祝福の時
3. Green
4. ハルモニア
5. Sing My Song
6. 新世界紀行
7. レター
8. 君に会って
9. 忘れてしまえば(Splash Ver)

サポートミュージシャン:
池田健司(Guitar)


雨が夕方過ぎに〜♪
雪へと変わりましたね。

今までしつこいくらいに言い続けているとおり、僕のライブの日は雨が降ったことがありません(たぶん)。
昨日は雨ではなく、あくまでも雪だったので、これからも引き続き言い続けたいと思います。

ジョークはさておき、さすがにあの雪の量、電車も道路も大変な状況だったようです。実際にその理由で来られなくなってしまった方々も多かったらしく…。そんな中、足を運んで下さった方には感謝でいっぱいです。


演奏中、本当に気持ちがよかった。今年に入ってまたひとつ唄と音に対する発見があって、それでまた楽しくなっているんです。入れば入るほど奥が深くなること、ずっと探求して行ける大切なものと共に生きていること、僕は神様に感謝しています。発見は続けていることへのご褒美のようで、ありがたく受け取ることで、また一歩踏み出す力になるのです。

続けるといえば、昨日は他にも素敵なことがありました。SUPER SOUL SONICSの頃の熱心なファンの方が、Twitterで僕を発見してくれて、10年ぶりくらい?に唄を聴きに来てくれたんですね。とってもかわいい娘さんも一緒でした。
自分から過去を振り返ることはもうほとんど無いのですが、彼女といろいろ話もできて、久しぶりに当時を懐かしく思い出しました。一歩一歩、今日まで歩んで来たからこそ、こんな嬉しい再会もある。簡単な言葉にできないくらい、本当に嬉しいことでした。

Yoshida Pasta Bar吉田さん、大澤くんはじめ、スタッフのみなさん、この場を与えて下さってありがとうございました。また、ぜひご一緒させて下さい。そして繰り返しになりますが、大雪の中、足を運んで下さった方へ、最大級のありがとう!

写真は後日アップ予定です。

-

次のライブが3月31日に渋谷gee-geで決まりました。詳細は近日のうちにお知らせしますね。


posted by iMAGINATIONS at 20:37| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テレビ等で雪のニュースが飛び交っており、
ライヴの事が気になっていました。
ブログを読み、気持ちの良いライヴだったようですし、
出会い?再会もあったようで、何よりです♪
Posted by 宮登 at 2011年02月16日 01:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。