2008年08月27日

地球祝祭2008

佐渡から無事に帰宅。途中雨もあったりしたけれど、海にも入れたし、前回は行けなかった島の中央のほうにも行けたし、何より旅のメインアースセレブレーション!鼓童のライブは本当に心が揺らされた。去年初めてライブを体験してから、僕の中で鼓童はとても重要な存在になった。

小学校高学年から自分でレコードを買うようになって、中学で真剣に音楽にのめり込んで、それから音楽を通してドアが開いていくような体験が何度もあった。でもある程度まで行くと、それまでみたいに広がる感覚はどうしても減っていく。去年鼓童を初めて目の前で見た時に、そんな気持ちが一度真っ白にされた。少し音楽が解ってきたような気になってた自分を恥ずかしく思った。日本の伝統的な楽器や踊りを引き継ぎながら決して古くならない表現。いや、少なくとも僕の中では最高に新しい芸術だった。去年のあのタイミングで出会えたこともまた、音楽の神様からのギフトのように思えた。そして今年、また鼓童は深くなっていた。受け取ったものを自分の活動において昇華することが、感動に対する唯一のお返しなのだろう。簡単なことではないけれど、真剣にやればきっと何かが見えるはず。地に足つけて、自分らしく。

佐渡は今回もでかく、美しかった。





posted by iMAGINATIONS at 22:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。