2012年07月26日

8月ライブ情報


“Green Green Cafe.6”

2012年8月26日(日)
@西麻布bar & rounge 73

堀田義樹 Solo Acoustic Set & iMAGINATIONS Solo Electric Set

ADV¥2,500/DOOR¥3,000(+ order)
OPEN 18:30
START 19:00

ご予約とお問い合わせ
西麻布bar & rounge 73
東京都港区西麻布2-12-5 ミスティ西麻布4・5F
TEL 03-3406-8673
http://www.seven-three.com/


h1_01.jpg


---

ホーム西麻布73にて、恒例“Green Green Cafe”やります。
昨年末以来の、アコースティック+エレクトリック二本立て。新曲、懐かしい曲、夏っぽいカバー、いろいろ織り交ぜてゆったり唄いますよ。

オフィシャルサイトiMAGINATIONS.JP → MAILページからもご予約できます。

今年の夏は本当に暑くなりそう。元気な顔で会いたいですねー。


先日のライブのMCで、8月19日とお伝えしてしまいました。ごめんなさい!


1207_yoshiki_imaginations.jpg


posted by iMAGINATIONS at 21:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Schedule | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

ダーク・シャドウ


少し前だけど、ティム・バートンのダーク・シャドウを観に銀座丸の内ルーブルへ。

美しいファンタジーと毒気。ティム・バートンずっと大好き。たぶん今までほとんどの作品を映画館で観ている。特にシザー・ハンズは、心のマイベストシネマ常に上位にランクイン。殿堂入りといってもいいかも。

DKPRE-00001.jpg

登場人物全員がパンチ利いているのも、ティム・バートン映画の大きな特徴といえる。

-

銀座へ来たならやっぱり(?)カレーということで、デリーへ。こちらはマイベストカレーずいぶん前から殿堂入り。

そういえばインドで会った知人から、「こっちのデリーには『銀座』という日本料理店さんがある」と聞いたな。思い出し笑い。

posted by iMAGINATIONS at 23:26| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

マリオ曼荼羅展 ありがとう


マリオ曼荼羅展@山羊に、聞く?
仲間に囲まれ、楽しい一夜になりました。

演奏曲目:
1. さよならイエスタデイ
2. ハルモニア
3. 新世界紀行
4. 真夏のかけら
5. Green
6. 祝福の時
7. on my way
8. 律動(新曲)
9. peace music
10. 君に会って

サポートギター:
池田健司

---

新曲『律動』は結婚する友に捧げた曲。ものすごく素直な気持ちで書けました。
僕らの命は、親から、その親から、もっとずっとずっと昔からつながってここにある。人間以外の動物も、植物も、命あるものはすべて同じ。その大きな流れの中で、生命のリズム = 律動の中で、大切な人に会うことができた。愛と喜びと感謝の歌です。

そういえば、マリオ曼荼羅の正面に立ったときに感じるのも、まさしく生命のリズム。

今回のマリオ曼荼羅展のおかげで最初に歌う機会が作れたし、このふたつのタイミングが曲を書かせてくれたのかな。

---

曲を書き終え我に返り、愛ってなんだろうと考える。
家族でも、友達でも、恋人でも、それ以外でも。相手のことを心から想うとき、目を閉じると自分の体が無くなるように感じる。大きな何かとつながっているのを感じる。その何かを宇宙と呼ぶ人もいるだろうし、神と呼ぶ人もいるだろうし、魂と呼ぶ人もいるかもしれない。呼び方はともかく、とにかくでかい。広くて優しい。自分が無くなるようだけど、その一部として確かに存在してる。一緒なんだ。愛を通してそれを知る。

逆に、生活の中で細かいことに拘ってしまうとき、カラダというほんの小さな尺度でものごとを捉えてしまっているように思う。自分を守ろうとか、相手を制しようとか。自分と相手の間にくっきりとラインを引いてしまう。そんなちっぽけな気持ちから生まれた行動が、人(自分含め)を幸せにすることはたぶんない。少し振り返れば、分かる。学ばなくちゃ。

愛することで自分も幸せ、まわりも幸せ。結婚する友のように。

---

マリオ曼荼羅展のようす。
http://mario-mandala.seesaa.net/article/277898439.html


posted by iMAGINATIONS at 13:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

イマジン



映像はジョン・レノン・スーパーライブかな。

冒頭のMC。
「ジョン・レノンが生きてたら、どう思うんだろうね今の状況を。ぜんぜん世界は平和になんないじゃないか。戦争がずーっと続いてる。21世紀になったのに…。21世紀になったら、世界が平和になると思ったのに。ますます酷くなってる。」

そして現在、僕らこう考えてしまう。
「キヨシローが生きてたら、どう思うんだろうね今の状況を。」



この曲も カバーズ に収録されている。リリースされた当時の僕は、確かまだ高校生。あまりにもストレートすぎる日本語詞に当時はビビってしまったけれど。不思議だな、いつからか美しいと感じられるようになった。

posted by iMAGINATIONS at 00:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Recommend | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

ラブ・ミー・テンダー



RCサクセションのアルバム『カバーズ』から24年。生き続ける清志郎さんのメッセージ。すごくいい。

でも、この詞が唄われずに済むことが本当は一番いいはずなんだよね。


61w7ZTOM58L.jpg
カバーズ/RCサクセション


posted by iMAGINATIONS at 10:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Recommend | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

高野健一ワンマン ありがとう


4日の高野健一くんワンマン、素晴らしかったです。
全編通して、どこを切ってもありのままの高野くんというか、僕の大好きな『高野健一』がいっぱい詰まっていたライブでした。キラキラしてた。

彼が、簡単な言葉では言えぬほどの想いを込めてこの日に臨んだこと、いち友人として少しは分かっていたつもりです。舞台袖で観てて何度もグッときた。痛みと希望の向こう側。伝わるものって本当に理屈じゃない。正直な心から生まれた声は人を動かしますよ。動かされました。会場にいた全員が、きっと同じような景色を感じていたのではないかと思います。

自分もゲストとして3曲、第二部の最後で一緒に歌わせていただきました。正直舞台に上がるまでにそうとう感動していて、その状態から歌い始めることってなかなか無くて。ちょっとフワッフワしてしまいましたが。ただただ、心を込めてやらせてもらうのみでした。高野くんの景色の中で、気持ちよく泳がせてもらった感じ。何よりあの場に立ち会えたことが、うれしかったです。

感謝。

---

真剣リハーサル中に一枚パチリ。

IMG_0501.jpg


posted by iMAGINATIONS at 11:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。