2010年02月26日

旅人 / Taja

友人のTaja(菜穂&狩野くん)がiTunes Store限定で4曲入り作品をリリースしました。


icon

旅人 / Taja

icon でチェック

-

実は今回のリリースを少しお手伝いさせてもらいました。iMAGINATIONSは音楽配信をスタートさせたのが友達界隈ではやや早めで、今までも何組かの相談の受けてきたんですが、多少は力になれるようになってきた所で。いいタイミングでした。

-

これを読んでくれているほとんどの方々は、レコードとCDで育ってきたと思います。ダウンロード購入にはまだ抵抗のある人も多いと聞きます。僕自身、楽曲の配信に関しては最初かなり慎重でした。でも、まず曲を聴いてもらう入り口としては、さまざまなチャンネルがあっていいんだと、今は考えています。僕もiTunes Storeはけっこう利用しているし、洋邦問わず思いがけない名作と出会う事もある。気に入った作品はいい音で聴きたいから、その後でCD買ったりするし、ライブに行ったりもする。実際、iMAGINATIONSも海外でダウンロードされているんです。これはCDだけ出していた時には、ありえない、とは言わないまでも、確率としては今のほうが上がっていると思います。

人間でも音楽でも、出会い方よりその後の付き合い方ですよね。形になった作品は、届くべき所に、必要としている人の元に届いてほしい。今後フォーマットがどのように変化したとしても、一番たいせつなのは作り手の気持ちで、それは100年前も100年後も変わらないはず。音楽自体は絶対になくならないから。

-

4月28日、Tajaと一緒にライブやります。詳しくはまたすぐに!
posted by iMAGINATIONS at 11:31| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | Recommend | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

西麻布 73

3/6にアコースティックライブを行う73のホームページにて、詳細がアップされています。

http://www.seven-three.com/event/2010/03.html

写真は別バージョンです。TシャツはもちろんTROVE。


この日はサポートに岸上規男(ギター&コーラス:Lala Sputnik、ex.Dutch Training)を迎えて演奏します。前々から何かと縁のある友達なんですが、一緒に音を出すのは初めて。彼はキレイなメロディーを書くし、歌もギターも凄くいいんです。これからリハーサルに入るのが楽しみ。もちろん当日はもっと楽しみ!


岸上規男
http://www.kishiy.com/
posted by iMAGINATIONS at 11:38| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

更新

久しぶりにトップの写真を変えてみました。

子供の頃から写真を撮られるのが苦手で、デビューした後は撮影の機会が多くて真剣に苦痛だった。記念撮影すら恥ずかしくて、でもそんな事も言ってられず頑張ってみたがやっぱり苦手。今回はそんな自分を打破すべく、家で友達に、まずはマンツーマンで撮ってもらいました。少しずつでも慣れて行こう(かなり今さらですが…)。

-

20代の僕が、バイブルのごとく傍に置いていた「イリュージョン」という小説がある。気ままな飛行機乗りのリチャードと、彼が出会った風変わりな“救世主”ドナルドとの物語。

ある時リチャードは尋ねる。「救世主はどこで勉強するんだ?誰かに習うのか?」
ドナルドは「教科書があるんだよ、リチャード」と、救世主入門と書かれた黒いスウェードの表紙の小さな本を見せた。それは、どこを開いても、任意にページをめくればそこに一番自分の知りたい事が書いてあるという。

しかしドナルドはこうも続けた。

「いや、こんな仰々しい入門書でなくてもそれはできるんだ。聖書、仏典、そんなものである必要はない。スリラー小説、ラブレターの書き方の練習帳、何年か前の新聞、ギターの教則本、やったことない?こうするんだ、頭の中に妄想の渦巻きを起こす。“俺は自殺するべきかそうでないか”といったようなことを思い浮かべて、何でもいい手近にある本を開くのさ。精神を集中してそこに書いてある事を読むんだ。そうすると、ギターの教則本が、自殺に関する答えを出してくれる」

-

少し前、自分の至らなさが原因で周囲に誤解を与え傷つけてしまっていた事を知った。自分の真意と違うとしても、人が受け取った事実については言い訳など出来るはずもなく、体の中に居座るかたまりを目をそらさず見つめるしかない日々。ヘコむ。ただ自分はこうだからと、開き直ることで逃げようとも思わない。この出来事は自分に何を学ばせようとしているのか、受け止めて、今日へ、明日へ、つなげて行かなくてはならない。

そんな時、たまたま目にした知人のブログ。

そこには自分自身を背負う事への苦悩と覚悟が力強く書かれていた。他と違う主体者としての、同時にその愛すべき違いを甘えへと転化させない責任。飾らない言葉の根底に流れているのは、自分と他者への大きな愛なんだと思う。今の自分にずどんと響く正直な日記だった。

人は行動を通してしか伝えられないのかもしれない。本当はこう思っていたのに、なんて、後から聞かされる側には迷惑なだけかもしれない。だから、その時々の思いをきちんと伝えきりたい。分かってもらおうなんて贅沢は言わない。ただ、たいせつな人とは、できれば通じ合いたい。同じように、自分の心に「?」が浮かんだ時はきちんと相手に伝えよう。勇気を出して、動き、声に、言葉にしよう。

-

いろんなことがある。でも世界は今日も動いている。悶々としていても、携帯メールにはタワレコから「新着お得情報♪」が届く…。

もっと強くならなくては。



ub_keiko_.jpg


イリュージョン/リチャード・バック
posted by iMAGINATIONS at 13:16| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

会話

ショップでCDを買ってもらうのも、iTunesなど配信で曲をダウンロードしてもらうのも当然うれしい。でも今回、久しぶりにダイレクトに注文してもらう機会を持ってみて思った。この形はうれしさの種類がひと味違う。ひとつひとつの注文を見ながら、感謝の気持ちがいっぱいになって涙が出るよ。手渡しするように、一枚一枚ありがとうと言いながら送ってる(かすみちゃん、お手伝いありがとう)。

北海道から九州まで、たくさんの町から注文が来てる。離れててもこうして多くの人とつながることができる音楽の力に、僕はあらためて感謝してます。曲を作ること、歌うこと、音楽を伝えること。僕にはこれしかできない。フリーになってずいぶん経つけど、ビジネスとして回す最善のやり方は未だに分からない。かっこいい戦略も立てられない。それでも、応援してくれる、支えてくれる人がこんなにたくさんいてくれる。だから今までやってこられたし、今日も音楽に向かうことができる。

僕が音楽を続けている理由は、音楽を通して人とつながること、喜びや楽しみを共有すること。いくら好きなものだからって、ひとりだけで満足するようなものなんて、できたとしたってそれが何?と思う。今回のCDを聴いてくれたファンの方から、さっそくこんなメッセージが届いた。
「素敵なプレゼントをありがとう」
感謝の気持ちをありがたく受け取りながら、僕も同じ言葉をまるごと返したい。だって、受け取ってくれる人がいて、はじめて成立することを僕はやってるんだから。その言葉や気持ちが、また次に向かう力をくれるんだから。

目の前にいても自分のことばかり話す人がいる。遠くにいても気持ちを投げかけてくれる、受け取ってくれる人がいる。心は目に見える距離じゃない。僕はただ会話がしたい。そして、できれば通じ合いたい。音楽で交わせる話はまだまだある。この関係を何よりも大事にしたい。一日でも長くそうしていたい。
posted by iMAGINATIONS at 12:38| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

demonstration#2 発送

ガーオー(うれしい悲鳴)。

たくさんの注文をいただいています。本当にありがとう!
聴いて下さい、命の2曲。本日より発送しています。

-

「メールボックスがいっぱいのため送信できませんでした。」というエラーにより、注文確認メールが送信できない方がいらっしょるようです。現時点でまだ確認メールが届いていない方、ぜひご一報下さい。
posted by iMAGINATIONS at 09:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。