2008年09月24日

synchronicity

秋分の日の昨日、渋谷O-EASTへ遊びに行ってきた。友達の友達がオーガナイズしているsynchronicityというイベント。SHING02、CALM、Dachamboなど、楽しみなライブ、DJがたくさん。トリをつとめた曽我部恵一BANDが非常に素晴らしかった。この日の出演者の中でというより、最近見たライブの中でも圧倒的によかった。
音楽の表現は、大きく分ければ、内へと向かって行くことで結果的に聴く人を動かすタイプと、外へと向かって周囲を巻き込んでいくタイプに分かれるように思う。曽我部さんは、内側のかなり深い場所を経過してから外へと突き抜けていくような、高次元のバランスで音楽を鳴らしていた。心の奥の闇の部分とまで対峙しながら、リスナーのことも忘れず日々やっているのだろう。理屈ではない説得力。客席へコール&レスポンスを呼びかける姿も強引さが無く、おそらく他の出演者を見に来たであろう観客も楽しみながらそれに参加していた。メインフロアのPAがいまひとつで、それまでのライブがちょっと物足りなかったのだけれど、それさえも関係なくなるようなステージ。唄もよく聴こえて、歌詞のひとつひとつが自然に入ってきた。愛があった。すごくいいと思った。


ub_080924_sokaabe_.jpg

曽我部恵一BAND / キラキラ!


posted by iMAGINATIONS at 23:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。