2008年04月17日

タフガイ

73のライブ後に山梨までドライブ。相模湖畔から秋山村へ越したY野くんに会いに。明け方到着。

引越した先は敷地300坪、築140年の古民家。
家賃は、ここでは書かないが、僕が初めて一人暮らしをした札幌のアパートより安い。

広い庭は少しずつならされ野菜が植えられている。
庭の向うには川が流れ、季節がくれば釣りが楽しめるという。
空気がうまい。水もうまい。

「本格的な野菜作りは初めてだから今年は失敗するよ。でもそれで学ぶ」
「本当はもっと山奥に住みたかったけど、あと何年か修行して、タフガイになってからかな」

そう話すY野くんは十分タフガイに見えた。
そして家のまわりは十分山奥に見えた…。

他にも面白い話をたくさん聞かせてくれた。のびのび生きている姿は本当に気持がいい。ついあちこち手を出してしまいがちな僕は、彼のシンプルなライフスタイルに触れるたびいつも心が少し軽くなるんです。

ちょうど桜が満開だった。迫ってきそうな元気な桜。

ub_080417.jpg



posted by iMAGINATIONS at 23:17| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。