2008年03月16日

シャングリラ

Bunkamuraオーチャードホールへ揚麗萍(Yang Liping)の舞台を見に行きました。舞いを見て生まれて初めて涙が出ました。1階席の最後列だったのでステージまで50〜60mくらいかな。表情から指先の動きまではっきり見えたからね。ぶっ飛ばされますよ。至近距離で見てなくて逆に良かった。危うく30男が失禁の危機でした。いま「美しさとは?」と問われたら、迷いなく「Yang Lipingの舞い」と答えるでしょう。

ここからTVスポットが見られるのでよかったら。22日まで舞っているようです。行ける人は見に行くといいと思いますよ。

帰りに思い出したんですが、95年にストーンズの東京ドーム見に行ったとき、スタンド席からミックの表情、指の動きがはっきり見えた瞬間があって、その時も信じられないくらい衝撃を受けました。
あと、本田毅さんと一緒にやってたとき、氷室京介さんの同じく東京ドーム見に行かせてもらって、その日に至ってはゲスト席の3階スタンドから氷室さんの目の動きが見えた瞬間があって死にそうになりました。スターってそういうものなんですね。


posted by iMAGINATIONS at 22:58| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。