2006年10月31日

沖縄#1

天気には本当に恵まれた。滞在時の平均気温30℃。時折スコールのような、突発的な雨が降る以外は、基本的に晴れ。台風が心配なこの季節、晴れ男っぷりもここまで来ると神に感謝としか言いようがない。

那覇空港には友人のDさんが迎えに来てくれた。北海道出身の彼は、3年ほど前、旅の途中に「何となく寄った(本人談)」沖縄で、運命の人と出会い結婚。現在は子供もできて3人仲良く暮らしている。風貌はもはや現地の人より現地人であった。今回は彼の働くバーの近くを拠点にさせてもらうことになった。最後までいろいろと世話を焼いてくれた。感謝。
空港から那覇市街へ。とりあえずメシでも、という事で最初に入ったのはDさんお薦めの家庭料理屋。地元の人しか来ないようなフツーのお店。当然のようにゴーヤーチャンプルーをオーダー。ゴーヤーが青々と元気でよい。近況を語り合ったり、沖縄情報を聞いたり。「早く那覇から出て自然に行った方がいいよ」。なるほど、那覇は思った以上に大都会で、車で走っていても、ちょっとした空き地には必ずブルドーザー。開発はまだまだ続くようだ。中心部は最近の札幌よりも盛り上がっているように見えた。
初日だけ那覇市内に宿を取り、車を借りてさっそく海へ。海中道路を通って伊計島を目指す。飛行機から見下ろした時にまず驚いたが、海青すぎ。近くで見ても同じ色。この青さは何でできているの?と道行くオジイに聞きたくなるほど、信じられないようなブルー。これを見るだけでも沖縄に来る価値があるなぁ。素晴らしい。

夜、Dさんのバーで誕生日を迎えた。が、泡盛でツブれ記憶なし。とほほすぎる。

翌日の朝、那覇を出て沖縄自動車道を北上。やんばるへ向かう。一般道でもそうなんだけど、みんなあまりスピードを出さないんだなぁ。普通に制限速度80キロで走ってたら、比較としてえらいスピード出してるような気分になった。ずっと追い越し車線を走ってたんだけど、一瞬怖かったのが米軍ミリタリーのジープを追い抜いた時。とんでもない勢いで後ろにつけられてめちゃめちゃ煽られた。俺は「ホワイ?」と呟きながら走行車線に戻ったよ。パブリック・エネミーみたいなやつが運転してた。
この日から3日ほど北部に滞在。まずは世界遺産のひとつ今帰仁城跡へ。美しい石垣が迎えてくれた。沖縄の城はすべて見晴らしのいい場所に建てられていて、空気の流れも明らかに違う。奥の石門をくぐった一カ所、とても気持ちのよいスポットがあった。きれいな蝶が数えきれないほど飛んでいた。しばらくそこにいた。京都の鞍馬寺で感じたように、「この場所だからここに建てられた」事がよく解る。当然、古より変わらない聖地として現在でも参詣する者が絶えないそうだ。

つづく

okinawa_img2.jpg

「(声にならない叫び)」
posted by iMAGINATIONS at 00:47| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

更新ですが

明日mac共々スタジオ宇宙に帰還します。
その後に沖縄の話や今後のスケジュールについて書きますね。

昨日からいきなり寒いね。体調には気をつけようね。
posted by iMAGINATIONS at 03:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リンク

我が友JAKEのサイトがオープンしました。
ぜひ遊びに行ってみてくださいね。

cloudchair KAWASE MASATOMO WEB SITE
http://1sh.jp/?id=cloudchair

まずはオープンを祝いたいと思います。おめでとう、本当に。
応援してんでー。

cloudchair.jpg
posted by iMAGINATIONS at 03:39| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

ムゥ…

スタジオに機材一式(macも)持ち込んでいるためまったく更新できてないのです。沖縄の話早くしたいんだけどなぁ。もう少しだけ待っていて頂戴。
posted by iMAGINATIONS at 01:56| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

ただいま

戻りました。
というか、行ってきますも言えなかったな…。
行ってました、沖縄。

写真など整理しつつUPしていきますね。

とりあえずひとことだけ言わして。

沖・縄・最・高!!!!!!!!!!!!!

晴れたよ。



帰って来たらたくさんのバースデーメッセージが!!!
祝ってもらえること、覚えていてくれていること
心から感謝です。ありがとう。
いい1年になりそうです。

ありがとう。
posted by iMAGINATIONS at 22:40| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

感謝数珠繋ぎ

2006年9月30日(土)高津Bagus
堀田義樹パーフェクト・アコースティックセット

演奏曲目


はじまりとは
この時が
スプリームス
星座
ONE
宇宙
peace music
キャンディー
小さな世界
ハリケーン・ドロシー(カバー/細野晴臣)
MY LIFE
cosmic runnin'
さよならイエスタディ
GARDEN(mailでのリクエストNo.1 ワンコーラス)
花(カバー/喜納昌吉)
いつも何度でも(カバー/木村弓)
忘れてしまえば
ピクチャーズ
ありがとう(友人の結婚式のために書いた未発表曲)
カルアミルク(カバー/岡村靖幸)
BABY BLUE(カバー/FISHMANS)
果実
君に会って
ol' 55(カバー/Tom Waits 大澤のリクエスト)
NATURAL MAN(カバー/CAROLE KING)
あいたいきもち(VERSUS リクエストでワンコーラス)
circle of heaven
RISE

※ 1曲目と最後の曲以外は順不明です ※


この上なく晴れた。長袖じゃ暑いくらい。そんな中、始める前は自分でも驚く武者震い。実に不思議なテンションでした。行けるとこまでとは言ったものの、数日前までは、実際どうするよ?という感じで。今までさんざん人前で唄ってきたけれど、さすがにこの状況はないですから。でも初めてっていうのはいいですね。最初から最後までいくつもの発見がありました。だいたい20曲ほどはあらかじめ演るつもりで、あとはその場の空気で自然に出てくるに任せようと。お客さんも自分も飽きないようにという頭はあったけど、途中からぐんぐん加速するような、身体が軽くなるような、うたが強くなっていくような感覚があって、終わってみれば「え、もう?」。それくらい充実した時間を過ごせました。ほんっとに長い時間、一生懸命見て、聴いていてくれたみなさんに感謝です。みんなの力が俺をサポートしてくれました。実際3時間半とか、映画見てるだけでもしんどいような超ロングタイムですよ。それをよくもまぁここまで。上の曲目書いてるだけでつーんと気が遠くなったもの。予告通りの耐久ショウ。唄うも見るも逃げ場無しの真剣勝負。もの凄い集中力が包み込む。まるで漂流教室のようにみんなで旅に出てたような。このままいつまでも続けていられる気がしたよ。
最後はRISEで着地。目を開けるとBagusの中の空気が溶けてやわらかくなっていた。その時、ああ、やってよかったなぁ、みんなが来てくれて本当によかったなぁと心底思ってさ。残された日の途中で唄うなら訳がある。その訳をまたひとつがっちり噛みしめてました。ありがとう。

それにしても、GARDENまでやるとは思ってもいなかったなぁ。まさしく客席の声に押されたというか…。声が人を押す瞬間のパワーをまざまざと見せつけられましたよ。意外とコードも歌詞も覚えててびっくりしたけど。もっとびっくりしたのは、今唄っても違和感無かったこと。おもしろかった。

普段なかなかやってなかったカバーもけっこう唄いました。岡村ちゃん、FISHMANS。20代の頃がっつり衝撃受けて、自分の血肉となっていると思われる偉大なアーティスト。どちらも数年前から再評価が高まって、リアルタイムで聴いていなかった世代の人々にも届いているみたいですね。本当に素晴らしいものは何年経っても決して色褪せない。感謝と尊敬の念を持ってカバーさせていただきました。
そして喜納昌吉の¨花¨を。ずっと大好きな曲ですが、人前で唄うとなるとちょっと躊躇してしまうというか、はじめて聴いたのが喜納さんの沖縄でのライブ映像でね。それはあまりにも力強い唄で、自分はここまでこの曲を理解して唄えるか?という気持ちがあったんですね。なので長年もっぱらリスニングという感じだったんだけど、最近になって、自分なりの解釈で唄ってみたいなぁと思うようになって。
実は今月小旅に行く場所は沖縄で、そこに至るいろいろな心もようがあって。これはまたの機会に書きたいと思うんだけど、とにかく、唄ってみてまた深みを垣間見ることができた素晴らしい曲でした。

まだまだ書きたいことあるような気がするけど、どうにもまとまらなくて申し訳ないです。時間を置いたらもう少し上手に言えるのかもしれないけどなぁ…。ここまでの長丁場、しかも単独でっていうのは、しつこいようだけど初めてで、1日過ぎてもまだ興奮が冷めていないのです。ただ確実に次へのステップ踏み込んだ手応え(足応え?)があります。かなり何でもできるような気になってます。あの大切な瞬間を共にできたみんなへ、もう一度ありがとう。そして大澤、カーチン、大蔵、サポート本当にありがとう。またやろうね。



おまけ:
Bagusはここ1週間くらい大澤がマスターなので、よかったら遊びに行ってみて下さいね。酒も料理も音楽も最高ですよ(トークもかい?)。

Bagus
http://bagus.way-nifty.com/blog/
posted by iMAGINATIONS at 19:34| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。